Emacs init files revisited

もう何年も同じ設定の.emacsであったが、Chromebook Flip用に環境構築した際に大胆に変えてみた。今はQiitaとかで簡単に情報が手に入って便利。

やったこと。

  • init-loaderを使ってconfigを複数ファイルに分ける
  • use-packageでpackageの設定をきれいに
  • company, ycmd, helm, magitをまじめに設定
  • shell-modeまわりもcolor対応など手を入れる

helmは昔少し使っていたが、馴染んだワークフローと異なることもあって作業に集中できず、結局やめてしまった過去がある。今もhelm-find-filesなどはまだ完全に慣れていないが、helm-occurなどはすごく使いやすいので、今更ではあるがどんどん導入していきたいと思う。

Emacs init files revisited

Setting up Chromebook Flip (C100PA)

最近購入したChromebook Flip (C100PA)がお気に入り。最近すき間時間を使って趣味のコー ドをまた書き始めたので、持ち運びに便利で万が一壊れてもダメージ大にならない価格の laptopを探していてたどり着いた。ちなみに、この文章もFlipのEmacs上で書いている。

Play StoreのBeta版が最初から入っていたので、Androidアプリもそれなりに動く。それ なりと書いたのは、Kodiが自宅のDLNAサーバーを見つけられなかったから。Google Maps やKindleアプリは普通に動いたので、それなりに便利に使っている。

とりあえずcroutonとEmacs環境はお約束として、今までにインストールしたものは、以下の通り。

  • go1.7.5 linux/arm
  • Oracle JDK 1.8.0_121
  • App Engine SDK for Go 1.9.48 (linux x86版をダウンロードしてgoappをbuildし直した)
  • Google Cloud SDK ver 143 (linux x86版のversioned archiveをダウンロード)

App Engine SDK for Goはall.bashでbuild中testでエラー出たので、full buildは諦めて goapp、go-app-builder、go-app-stagerが出来たところでよしとしたw。とりあえずHello World動いた。

あとDockerかなぁと思ったが、さすがにcustom kernelがないと動かないらしい。Arch Linux for ARMをSDカードに入れるとNative Linuxが動くみたいだが、Chrome OS、 crouton(Crosh Window + Emacs full screen)、Chrome Remote Desktop、あとたまに Android AppをAlt-Tabで切り替えて使うのが便利すぎて当分変える気にならん。

Setting up Chromebook Flip (C100PA)

org2blog/wp

とりあえずこんな感じで。syntax highlightに(e)lispがないのでclojureで代用。

(require 'org2blog-autoloads)
(require 'netrc)
(setq blog (netrc-machine (netrc-parse "~/.netrc") "myblog" t))
(setq org2blog/wp-blog-alist
      `(("wordpress"
	 :url "https://kazush.wordpress.com/xmlrpc.php"
	 :username ,(netrc-get blog "login")
	 :password ,(netrc-get blog "password"))))
(setq org2blog/wp-use-sourcecode-shortcode t)
(define-key global-map "\C-cob"
  (lambda () (interactive)
    (org2blog/wp-login)
    (org2blog/wp-new-entry)))
org2blog/wp