Emacs init files revisited

もう何年も同じ設定の.emacsであったが、Chromebook Flip用に環境構築した際に大胆に変えてみた。今はQiitaとかで簡単に情報が手に入って便利。

やったこと。

  • init-loaderを使ってconfigを複数ファイルに分ける
  • use-packageでpackageの設定をきれいに
  • company, ycmd, helm, magitをまじめに設定
  • shell-modeまわりもcolor対応など手を入れる

helmは昔少し使っていたが、馴染んだワークフローと異なることもあって作業に集中できず、結局やめてしまった過去がある。今もhelm-find-filesなどはまだ完全に慣れていないが、helm-occurなどはすごく使いやすいので、今更ではあるがどんどん導入していきたいと思う。

Advertisements
Emacs init files revisited

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s